スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご心配おかけします

みなさま、その後も色々とありがとうございます。
パパと私とワンコ達は結構元気です。
思ったよりも早く「気持ち」が立ち直れたのは良かったと思います。
ななは、亡くなってしまったのではなく、どこかへ預けているという気がしています。
しかし、気付くとななの最期の瞬間を思い出しています。
1日に何回も何回も気付くと思い出しています。

ななのお墓は実家の庭です。
墓守にスプリンガーっぽいワンコの置物を置きました。
毎日ビー&メルの散歩で、すぐ近くを通るので、きっと見ていてくれていると思います。

ななは毎年、犬ドックをうけていました。
毎年何の異常もなく、褒められていました。
ちょうど1年前、急にガタガタと震え出し元気がなくなりました。
急いで点滴をしてもらいセーターを着せて寒くないように暖房を入れて温めると元気になりました。
それから時々鼻水をたらすようになり、鼻血も混じるようになりました。
そして、1カ月に1度くらい大量に鼻血が出てしまうのです。

震え出してしまってから約3か月後、鼻からとんでもない物が出てきました。
腫瘍です。
検査の結果は『鼻粘膜の過形成を伴う慢性、リンパ球・形質細胞性鼻炎』でした。
癌ではないようだったので一先ず安心したのですが、その後も鼻血・鼻水は続きました。
そして、夏ごろから目と目の間がぷっくらビー玉が入っているかのように膨らみ始めました。
呼吸もし辛そうです。
痛みもあるようでした。
この頃は、まだ元気に3匹一緒に散歩へ行き、ご飯もいっぱい食べていました。
しばらく様子を見ていましたが、あまりにも呼吸が辛そうです。
獣医さんに相談すると、きっと膿がたまっているのだろう、との事。
先日ネコが同じようになっていて切って出したらスッキリした様子という話も聞きました。
ななは高齢だったので手術をするかどうか、かなり迷いましたが、獣医さんが問題無いような感じでおっしゃるので決断しました。
手術の結果、ななの鼻の奥に溜まっていたのは膿ではなく血液で、目と鼻の境目の骨が溶け出している事が分かりました。
治療法は無いようでした。

手術後、また前のように血が溜まり、呼吸は苦しそうでした。
1つ良かったのは、痛みがなくなったようなのです!
しかし、手術が怖かったのでしょうか。
夜、電気を消すと騒ぐようになってしまいました。
ですから、一晩中電気はつけっぱなしにしました。
それでも、夜中だいたい2時間おきに何かしらあるようで騒ぎが起こり、ワンコ達を裏庭へ放しました。
鼻水と鼻血は人間のようにかめないので首を振ります。
部屋の床・壁中鼻血が飛び散り、いつも雑巾で拭いていました。

なながいなくなってしまい、気が抜けたのか、体がすごーく重く感じます。
いくらでも寝られます。
そして、先日デジカメサークルに参加したらカメラが非常に重く感じ、その晩、二の腕がものすごく痛み(筋肉痛)眠れないほどでした。
ちょっと体にガタがきてしまったようです~

なな大好きのビーちゃんはどうなってしまうのかと心配したのですが、最近態度がでかくなったので(オレが1番だ!って感じです)大丈夫そうです。
でも、外に出る時、ななを待っている姿を見ると、、、


今から思うと、ななは子犬の頃から鼻が少し変でした。
激しく吠えるとブヒーブヒーって鼻が鳴るんです。
逆くしゃみってやつかなぁと思っていたのですが、この頃からもう腫瘍があったのかもしれません。
イビキも毎日かいていましたが、腫瘍が鼻から飛び出て取れてからは、イビキはかかなくなりました。

この腫瘍。
約10年おとなしくしていてくれたようです。




今年は、大地震がきたり、カメ君が逃げていってしまったり、ななが亡くなってしまったり。。。
すごい大変な年でした。
まだ、何日か残っていますが、もう今年も終わるんですね。
来年は元気に!頑張れるといいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

本当に大変な年になってしまいましたね。

いつも思うのですが、ペット達に何かあったとき
自分は怪我も病気もしないのは、彼らが身代わりになって
くれているのは、という事です。
確かに精神的なショックはダメージが大きくて
心身ともにぼろぼろになってしまいますが。

亡くなったり、具合が悪くなったペット達が
いろいろな形で経験と知識を自分に身につけさせて
くれているんだと思うようになりました。

悲しい時は思い切り悲しんで
乗り越えていきましょう。

来年は素晴らしい年でありますように^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★Wさん★
あたたかいコメントありがとうございました。
本当に今年はお互いに色々と大変な年だったんですね。
亡くなってしまったペットの事は、おそらく一生忘れられないと思います。
亡くなってしまったという事はものすごく悲しい出来事ですが、楽しかったり嬉しかったりした思い出がたくさんあります。
それを大切にしていこうと考えています。
アヒちゃんの事でなにかありましたらメール下さいね。
↑の犬の絵をクリックするとホームページのトップへ行きます。
トップページの下の方の手紙マークをクリックするとメールが送れるようになっています。
こちらからメールを下さると迷惑メールに入らなかったと、、、思いますので~(迷惑メールが多すぎて時々必要なメールも削除してしまうのです・・・)

はじめまして。

はじめまして。
uniと申します。
【リンパ形質細胞性鼻炎】で検索していて、こちらにお邪魔しました。

ななちゃん、お亡くなりになったのですね。

うちにもこの病気の犬がいます。
時々鼻汁に血が混じってるときがあります。

初めて鼻血が出たときに大学病院を受診して
この病名の診断を聞いたとき、腫瘍じゃなくてよかった~と思ったのですが、その後も鼻汁とくしゃみはなかなか消えることなく1年経ちました。

細胞性鼻炎から腫瘍に変わることもあるんでしょうか?

うちはCT、MRIをやらなかったので、
やっぱりやってもらえばよかったと後悔しています。
10歳の子なので、麻酔が気になるところですが
やってもらおうか考え中です。

また遊びにきますね。

★uniさん★
uniさんのワンちゃんもリンパ形質細胞性鼻炎なのですね。。。
ななは、10歳の時にクシャミをした時、鼻から腫瘍みたいな物が飛び出てきました。
その腫瘍を検査に出したところ「鼻粘膜の過形成を伴う慢性、リンパ球・形質細胞性鼻炎」という結果だったのですが、正直、なんだかよく分からない奇病でした。
それから1年間鼻水&鼻血が出続け、、、亡くなりました。
ななは10歳で全身麻酔の手術をしましたが、今から思うとやめておけば良かったと思います。
ウチの場合、手術をしてもほとんど良い方向へいかなかったからです。ただ、ワンコを辛いめに合わせてしまっただけのような気がします。。。

先月同じ種類で実家で暮らしているワンコが癌で亡くなりました。
癌で亡くなってしまったワンコとうちの「なな」の最後の症状でいくつか重なる物がありました。
結局ななは、癌だったのかもしれません。v-390

ペットが病気だと、本人も飼い主もとても辛いですね。
我が家は今、調子の悪いアヒルが1羽います。お互いお世話を頑張りましょう!
ようこそ♪
プロフィール

ななママ

管理人:ななママ
栃木県でパパ&ペット達と楽しく暮らしています♪


◆ななママの趣味◆
・ペット達のお世話
・拓版画
・デジカメサークルに入り
修行中!

◆ななパパの趣味◆
・ラジコン(車)

掲 示 板 

★掲示板★


お気軽にどうぞ♪

アヒル飼いになる


我が家のペット達も
紹介されています!

カテゴリー
おおるりペットクリニック


栃木県 鳥の病院


アヒル・アイガモも診てくれます
鳥さんホテル有り
あひるネットワーク
会員になりました!


コメントありがとう♪
ブログリンク♪
★はFC2ブログです
ブログ更新お知らせ!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。