スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆず が

先週、アイガモのゆずが大変な事になってしまいました。
いちごちゃんが亡くなり、1羽になってしまいましたが、アヒルのみんなと楽しく暮らしていました。
久しぶりに涼しくなり、午前中、庭で遊ばせることが出来ました。
アヒルのみんなを庭で遊ばせている間、私は部屋のお掃除です。

掃除が終わり、庭のみんなはどうしているかな?と庭を見ると、ゆずが倒れていました。
急いで抱き上げると両足が全く動きません。
まるで足の飾りがぶら下がっているような感じ。。。

先日の いちご の突然死。
なんとなく、脳が関係しているのではないか?と私は思っています。
亡くなっていた状態や亡くなり方を見て そう感じました。
そのうち獣医さんに聞いてみようかと思っていたら、、、
ゆず がこんな事になってしまいました。
下半身不随です。

以前一緒に暮らしていた足に障害のあるアイガモの「きなこ」と同じような生活になりました。
1階のトイレで過ごしています。
「きなこ」と違うところは『全く足に力が入らない』ところです。
きなこは、足に大きな障害を持っていましたが、力を入れることが出来ました。
足に力が入らないと何が大変なのかと言いますと、

フンを自力で出すことが出来ないのです。

どうやら、足を踏ん張って出すようです。
それなのに、ゆずは足が飾りになってしまっているのです。

学生時代、胸に穴が開いてしまったハトを保護して世話をした事があります。
そのハトさんも最後、自力でフンを出すことが出来なくなりました。

それで、どうしているのかと言いますと、定期的にお腹を押しています。
そうすると出るんです。
ゆずは、卵まで出てきましたよ。

衣装ケースに丸めた適量の網を入れ床をふわふわにし、
その上にペットシーツを敷きます。

これで、お腹や胸の擦れる事が防げると思います。
この方法が分かる前は胸が擦れてしまって、化膿し手術する事になってしまったアヒルさんがいました。

床がふわふわでも、足が不自由なアヒルさんは羽をバタバタして暴れて怪我をしてしまいます。
お世話する時も暴れてしまうと上手くできません。

そこでワンコ用のスヌード(耳の長い犬が餌を食べるときに使う物)を着せた所うまくいきました。
きなこは、ずっとそれを着て過ごしました。
(水浴びや日光浴で外に出た時は脱がせます)
ゆずは どうかな?と心配したのですが大丈夫なようです。
最初、大きめのを使ったら脱げてしまい失敗しましたが、ちょうど良い大きさのが見つかって今は調子よく過ごしています。

餌ですが、このような状態になってしまうとあまり食べられません。
もう少し落ち着いたら食べられるようになるかもしれないのですが。
今日は、少しキュウリを食べていました。

瀕死の状態から復活し『ペットチニック』のみで約1か月頑張ってくれたアヒル君もいました。
ただ今、ゆずも朝晩ペットチニックで過ごしています。

ゆずは脳梗塞なのかなぁ、、、なんて思いました。
脳の異常で短期間に2羽の文鳥ちゃんを亡くしてしまった事もありました。
鳥さんの脳の病気は多いのかな・・・

ありがとう

pet15711-ichigo.jpg

この写真が いちごちゃん が庭で遊んでいる最後の写真となってしまいました。
いちごちゃんは丈夫な子だと思っていました。
きっと、今いる4羽の中で一番長生きしてくれると思っていました。
それなのに、最初にお別れだなんて・・・




pet15711-hana1.jpg

お友達から いちごちゃん にお花を頂きました。
ありがとうございます。
お花が届いたとき、泣きそうになりました。

『いちごちゃん、逝ってしまったんだな』

突然の事だったので、ウソでしょ?
そのうち帰ってくるよね?

というような気持ちでいました。
でも、お花が届いて本当に亡くなってしまったのだと自分自身理解しました。





pet15711-hana2.jpg


涼しい時は、全部お墓へ持っていくのですが、今は夏で暑いので花瓶にいけました。





pet15711-hana3.jpg


数本 いちごちゃん のお墓へ。

助けられる子 助けられない子・・・

先日、 アイガモのゆず が大きな発作を起こしました。
以前の私だったら助けられなかったと思います。
幸運な事に早く体調の悪さを発見する事ができ、発作が起きてしまっても助ける事が出来ました。
その後、とても元気です。




先週、アヒルのカルー君が高い所から降りて(落ちて)足を捻挫してしまいました。
動けなくなりうずくまってしまって。。。
すぐに痛み止めを塗ってテーピング。
なるべく動かないように庭に放さないようにしました。
1週間経って、ほぼ治りました。
少々変な感じですが、歩けます。
しかし、完全に治したいので、もう少し様子をみているところです。




同じころ、ワンコのビーちゃんが大変な事になりました。
心臓病なのですが、咳が出始めてしまいました。
少し元気も無いような気がしたので、動物病院へ。
とうとう強心剤が出ました。
強心剤を飲むと咳が治まりました。
これで大丈夫かと思ったのですが。

タイミング悪く冷蔵庫を買い替えたのです。
配送の人が来て設置作業をしてくれたら、ビーちゃんが大きな発作を起こしました。
最初、手を激しくなめていました。
ほとんど手を舐めたことがないので 何かな? と思いましたが、(最近調子が悪いせいか動きがのろかったので)強心剤を飲んで調子が良くなって速く動けるようになったのかと思いました。
それから、落ち着かなくなりウロウロウロウロ。
利尿剤を飲んでいるのでトイレかと思い外に出しました。
すると、すごい勢いで草を食べるんです。
草を食べると吐くので慌ててやめさせようとするのですが、何とかして食べようとします。
(おそらく、気持ちが悪くて吐きたかったのだと思います。)
これはダメだと思い家の中へ。
その後もウロウロウロウロ・・・
時々上を向いてアウアウ(後で分かったのですが、息が出来ない)
何をしているのか分かりませんでした。

正直、ビーちゃんの病気はそれほど悪いと思っていませんでした。
悪いと分かっていたら発作だと気づけたと思います。
何が起こっているのか分からないのですが「変だ」と言うことは分かります。
動物病院へ電話しましたがお休み・・・
そこで、今やっている病院を探して電話しました。
ずっと前にかかった事がある病院で(遠いので)今はかかっていませんが、
・興奮している事
・酸素が足りない事
を教えてくれました。

興奮を抑えるために、風通しを良くし、温度と湿度を管理して暗くするようにとの事。
とにかく、興奮をおさえなければなりません。
わたわたと作業している途中にビーちゃんは吐きました。
温度と湿度もOK
暗くしたけど・・・
また吐きました。

どうしよう、どうしよう、、、
あ。

「酸素が足りない」からだと言っていました。

実家に酸素のスプレーがあるかもしれない。
電話をすると ある との事。
慌てて取りに行きました。
そして、酸素を少しずつシュッシュッとやると落ち着いてきました。

可愛そうな事をしました。
こんな発作が起きるくらい病気が悪いのだったら、冷蔵庫の設置時、もっとよく考えるべきでした。
そして、酸素を用意しておくべきだった。。。

次の日、ビーちゃんはご飯を食べません。
表情もおかしい。
かかりつけの病院へ電話で報告すると『今、非常に危険な状態だ』と言われました。
強心剤の量を2倍に増やし、少量でカロリーのある物をスポイトで口の中へ入れました。

その後、少しずつ工夫してご飯と鶏肉を細かくして大きな注射器のようなフードポンプでご飯を食べさせるようにしました。
午前中は調子が出ないようで口の中にご飯を入れていますが、午後は気が向くと一人で食べるようになりました。
それで、今はメルとちょっと遊べるくらいになりました。






昨夜、夜12時すぎ。
なんだか外で聞きなれない音が。
ガタガタしています。
なんだろう?
一度1階の窓を開けてみましたが、外には出ませんでした。
(暗くてよく見えないけど、特に何もなさそう)
2階でパパが何かやっていたので、その音かな?

次の日。
なんと、

明るくなって窓のシャッターを開けて一番に見えたものは

アイガモのいちご が亡くなっていました。

いちごは、ずっと元気で前の日も庭を歩き回っていました。
最近も変だと思う事は無く、夜の11時頃に見に行ったときも元気でした。

何が原因なのか全然分かりません。
これが明るい時間だったら・・・
もう少し何か出来たのかもしれません。
今日は、悲しみよりも突然の事に驚きというかショックが大きく。。。

ゆずは、しばらく いちごちゃんを 探していました。
2羽で暮らしていると1羽が亡くなってしまい後を追ってしまうという話をよく聞きます。
私も経験しています。
なんとか、ゆずちゃんには頑張って欲しいです。

発作

昨日、ゆず が大きな発作を起こしました。
やはり、どこかが変なのです。

今までの経験から言いますと、このような状態になってしまうと、病院へ連れて行ってもダメです。。。
お別れ を覚悟しました。

このような状態で助かったのは、きゅうちゃん だけです。
!!!
きゅうちゃんは助かったのです。(望みはある!)


ゆずは、朝は元気だったのに、買い物から帰ってくると小屋の隅で口を開け はぁはぁしていました。
体は平たくなっています。
お腹が異常に膨らんでいます。
卵か?と思って触ってみましたが、それらしき物は無し。
クチバシを触ると熱い!

今までの私でしたら、きっと体温を下げようとして水に入れてしまう と思います。

これは危険な事だと、先に逝ってしまったみんなが教えてくれました。
ショック状態になり、死んでしまいます。

そこで、まず、小さめの衣装ケースに ゆず を入れ、我が家のアヒル入院場所のトイレへ移動。
リビングからエアコンの涼しい風を扇風機で送り、
ビニル袋に氷を入れて 衣装ケースの中へ入れました
栄養剤と抗生剤を飲ませ、安静に。


4時間くらい経ち、少し落ち着いてきたような感じがしました。
私が庭へ出て、いちごちゃん の所へ行くと、いちご が ガーガーと鳴きました。
すると、トイレで ゆず がガーガーと応えるのです!
急いで トイレへ行くと、ゆず は立ち上がりガーガー鳴いています。
もしや?!
ゆず を庭へ連れて行きました。
すると、ケースから出て飛んで行ってしまいました。
(ゆず は飛べます)

大丈夫そう。



pet15614-yuzu.jpg

↑写真は本日の様子です。
元気に庭を歩いています。
ミルワームをあげると喜んで食べていました。
もっとないの~?と探し回っています。

ひとまず安心。


しかし、いちご と比べて以前から体調を崩す事が多いです。
いちご は、今ままで1回だけだったかなぁ。
ゆずは、沢山です。
体の弱い子のようです。

病院へ行ってきました

3週間くらい前からアイガモの ゆず の調子がおかしいような気がします。
少しおかしい時は栄養剤を飲ませるとすぐに良くなるのですが、今回は今一つぱっとしない感じです。

そこで、動物病院へ行ってきました。



pet1562-yuzu2.jpg

待合室で不安そうな ゆずちゃん。



ここ、どこだろう?
怖い所かな。
いつも いちごちゃん と一緒なのに、なんで一人なんだろう。

そんな風に思っているように感じました。


いよいよ診察。

ゆず は、箱から飛び出ました。

先生 「元気じゃないですか?」

私 「いえ、元気じゃないんです。
   ちゃんと食べるし、庭に出ると走るし、鳴くし
   でも、元気じゃないんです。」


そうなんです。
元気そうに見えるのですが、いつもと違うことがあります。

・小屋の隅に座っている時間が増えた
・水浴びの回数が少ない&浴び方が激しくない
・少し動きが遅い
・表情がおかしい
・声が小さい



そこで、液体の抗生物質を飲ませてもらいました。



お薬を出してもらって帰宅中~↓

yuzu 005



なんだか調子が良くなったみたいです。
そして、余裕も出てきたようで、外を見ていました。


病院へ行くときは、↓

yuzu 007


中から出てきません。

中をのぞくと


yuzu 009



帰宅すると、行く前とは明らかに違う感じです!
元気が出てきて、すぐにプールに飛び込み水浴びをしました。
そして、素早い動きで羽繕いも。

よかった~~~

ようこそ♪
プロフィール

ななママ

管理人:ななママ
栃木県でパパ&ペット達と楽しく暮らしています♪


◆ななママの趣味◆
・ペット達のお世話
・拓版画
・デジカメサークルに入り
修行中!

◆ななパパの趣味◆
・ラジコン(車)

掲 示 板 

★掲示板★


お気軽にどうぞ♪

鳥さん

アヒル飼いになる


我が家のペット達も
紹介されています!

カテゴリー
おおるりペットクリニック


栃木県 鳥の病院


アヒル・アイガモも診てくれます
鳥さんホテル有り
あひるネットワーク
会員になりました!


コメントありがとう♪
ブログリンク♪
★はFC2ブログです
ブログ更新お知らせ!
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。